ヨーロッパ旅行、写真はフリッカーで。
http://www.flickr.com/photos/tokolife/sets/72157607957162730/

右メニュー→クリックで広がります。
<< 20080917 サンセバスティアン→サンジャンドリュズ | TOP | 20080918 ビアリッツ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
20080918 サンジャンドリュズ&リューヌ山
8時朝食。
この旅発のホテル食。
きちんとしたプチデジュネ。朝早すぎて私たち以外は誰もいない。


とりあえずチェックアウトして荷物をあづかってもらってダッシュで駅に。

今日は山登り。「リューヌ山」La Rhune
9月に入っているので登山電車の駅までのバスが一日一往復しかない。

バスとチケット。

ぼちぼちポケットのお金が心もとなくなってきたのでいざという時のお金を
靴のナカジキから取り出したりしてバスの中を過ごす。


上:駅舎と電車。下:お土産屋さんの羊。動いててかわいい。

片道30分くらいをゆっくりゆっくり。
上がっていくごとに寒くなって霧も出てきて、うん、山登り。
一歩も自分の足では上がってないんだけど。

20人くらいを乗せて本当に歩くスピードと同じくらいでゆったり上っていく。
電車に乗らずに上る人たちもいて(3、4時間くらいらしい)のほほんとしている。



そんなこんなで山頂。
写真の白い点々は羊。半野生のウマもいたりする。
(近づくとお尻しか見せてくれない)

そしてやることがいっさいない・・・。
これは電車に乗ることがイベントであって山頂はイベントではない。
それでも帰りの電車は30分後。ということでぶらぶら。
禿鷲?もいるらしく石碑がある。

帰りも下るとだんだん霧がはれ、バスク一帯が見えてくる。

電車の中でポケットを探すと出したはずの50ユーロがない・・・。
落としたか。
お札がどこにも。もちろん取り出したはずの靴のナカジキにも。
手持ちはふたりあわせても札がないはず。あるのは小銭とカードだけ。
田舎ではまだまだカードも使えないこともあってこりゃどうやって移動しようか。

帰りのバスも行きと同じ運転手さん。
バスも一緒。ふと座席の脇に目をやると。

な、なんと新札の50ユーロ札が!!
いやー、落としてました。そして回収できたこのラッキー。
(観光客丸出しで、バスに乗るときいつも一番前に乗る癖が幸いした!)

イヤーよかった。
(田舎すぎて日本円を換金できることもなかった)


荷物を背負って次のビアリッツに移動。


posted by とこりんちょ | 22:26 | 2008旅行 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 22:26 | - | - | - |
コメント
登山の写真ステキ〜!

てゆーか金落とすなよ・・・初日にもカード落としてたよね?!

ナカジキに隠す念の入れようなのに(苦笑)ヒヤヒヤする〜。。
2008/10/06 23:04 by オタフク
コメントする










Search this site